40代・50代に人気のオールインワン化粧品

                   
**************************
お忙しい方にオススメ!!
究極のシンプルスキンケアを実現!! 
天然成分99.7%ローション
全ての成分が食用オーガニックですので
赤ちゃんも安心してご使用いただけますよ!
 
ヴァスパー』は皮膚トラブルや不妊等の問題を抱える
わたし自身のために開発したスキンケア。
生後3カ月の赤ちゃんからご使用頂くことができます。
************************

 

たくさん商品のあるオールインワン化粧品
どうせなら自分に合った商品を使いたい!
とお考えではないでしょうか?

オールインワン化粧品を求めている方には
様々な目的がありますし商品もそれぞれです。

仕事が忙しくて、毎晩毎朝時間がなくてスキンケアにかけている時間がない!
もっとササッと楽にお肌のお手入れをしたい!

という方は多いと思います。

なので今回は
『40代・50代の肌にオススメ』ということに焦点をあてて
オールインワン化粧品ランキングをご紹介いたします。

 

【40代・50代の肌のお悩み】

〈ベスト5!〉

第1位 シミ
第2位 シワ
第3位 たるみ
第4位 毛穴
第5位 乾燥

 

〈トップは、シミ!〉

40代から急増する肌悩みとして
「シミ」が挙げられますが
深刻になると皮膚科のお世話になる事もある厄介なシミ。

shimi01

因みにエステでのレーザー治療など
確かに一時的には消えたりする事もあるようです。

しかし、数ヵ月後に浮き出てきたり
費用も数万円と安くはありません。

場合によっては
逆に悪化させてしまうこともあり
少し怖い気もしますよね。

ご紹介した商品をもっと実感していただくためにも
5つのポイントを必ずおさえて使いましょう。

 

〈年齢肌に負けない肌づくりを!〉

当サイトで紹介しているオールインワン化粧品などの場合
毎日のスキンケアとして安心して使えるものを吟味し掲載しております。

シミなどに対しても
使い続けているうちに徐々に薄れていくものが多く
急激に肌に負担になる様なものは掲載しておりません。

勿論、肌は人それぞれになので
合う・合わないは出てくると思いますが
こちらでは口コミを元に評判の良かったものを掲載しているので
お悩みに対して、オールインワン化粧品を選ばれる際の参考になると思います。
ぜひ、チェックしてみて下さいね!

 

〈オールインワンゲルで40代・50代の肌を元気に!〉

オールインワンという事は
これひとつでいろいろな機能を兼ね備えていると言う事なので

お悩み以外にも
肌に対して嬉しい結果がもたらされる事も多く
しかも毎日
簡単ワンステップで完了出来る手軽さが受けています。

40代・50代の肌悩みランキングを振り返ると
お悩みに添ったオールインワン化粧品を選ばれている事が分ります。

『今まで、良かれと思っていた化粧品で効果が得られなかった・・・』

『一生懸命スキンケアしているのに、肌トラブルに悩まされている・・・』

そんな方にもぜひ、オールインワン化粧品の品質の良さと手軽さで
心もお肌も元気になって欲しいと思います!

 

【オールインワン化粧品はどこまでカバーできるのか】

オールインワン化粧品とは
洗顔後に使用する基礎化粧品が一つのコスメで賄えるというコスメです。

化粧水・乳液・美容液・クリームなどの成分が配合されており
中には化粧下地にもなる商品もあり

今までもいくつもの化粧品を重ねて使用してきた私たちにとっては
時間もコストもカットできるとても便利なコスメです。

今販売されているオールインワン化粧品のほとんどは
ジェル状のもので
今オールインワン化粧品といえば必然的に
「オールインワンジェル(ゲル)と呼ばれています。

気になるのは
どこまで本当にカバーできるのかというところです。

後述のデメリットにもありますが、
残念ながら化粧品単体の効果を求めてはいけません。
では、メリットはどこにあるのでしょうか。

 

【オールインワン化粧品のメリット】

オールインワン化粧品のメリットは大きく2つです。

 

〈スキンケアの時短〉

オールインワンの一番の利点は何と言ってもその便利さです。
普段、洗顔の後にコットンで化粧水をつけ
そのあとに美容液、成分が蒸発する前に急いで乳液やクリームを付ける

・・・この手間を1つの化粧品で済ませることができます。

 

〈コスメ費用の節約〉

今まで、1本数千円だったコスメを
4本、5本と使用していた私たちは
単純に計算しても
スキンケアだけで2、3カ月で軽く数万円がかかっていました。

しかしオールインワン化粧品は
化粧品などのスキンケアコスメの役割をそれ1本で賄ってくれるため
とても経済的です。

上記、2つのポイントを見て分かる通り
スキンケアとして肌のことを考えるというよりも
手間やお金の節約のためのメリットが非常に大きいのがオールインワン化粧品です。

ただ、これが肌に悪いということではなく
結局手間やお金が続かず、スキンケアがおざなりになるようであれば
オールインワン化粧品にしてしまったほうが良い
という判断になります。

 

【オールインワン化粧品のデメリット】

オールインワンゲルの一番のデメリットは
やはり化粧品単体で使用する効果にはかなわないということ。

例えば化粧水は
お肌の角質層の隙間に水分を入れ込んで
内側からふっくら潤いのあるお肌にします。

美容液はその水分の通り道に沿って高い美容成分を肌の奥まで届け
乳液やクリームは潤った後のお肌表面に
膜を張ってしっかり潤いを保護する役割があります。

スキンケアはその順番に沿って使うことによって
潤いを与えお肌がきれいになるチカラをサポートする役割がありますが

オールインワン化粧品は
そのすべての工程を一度のタイミングで同時に行ってしまいます。

いくら高濃度であっても
お肌が成分を吸収する順序が整っていないため
効果は単品よりも弱まってしまうのはいたしかたないこと。

また、オールインワン化粧品の中には
化粧下地の役割を果たすものもあります。

化粧下地は
お肌の表面でファンデーションがフィットしやすく崩れにくいような役割をします。

本来はメイクとして、お肌に良くない成分である化粧下地
その成分がお肌に直接触れることで
角質層の奥に化粧下地成分が入り込み
汚れの原因となってしまうことも考えられます。

 

スキンケアの基本は「保湿」

オールインワンゲルには
保湿・美白・対策など
様々な目的に特化した商品がありますが
 
スキンケアにおける1番の目的は
肌の乾燥を防ぐことです。
 
歳を重ねると
皮脂の分泌量が減り乾燥から
肌老化が広がってしまいます。
 
肌がしっかり潤うことで
乾燥による肌トラブルを防止することができます。
 
逆に保湿が十分にできていないと
いくらスペシャルケアを強化したところで
肌は老化する一方です。
 
 

〈保湿成分を選定する基準〉

 
保湿成分と言ってもたくさんの種類があり
どの商品の宣伝文句にも必ず保湿は載っているため
 
どれが本当に優れたものなのか
選ぶのがとても難しいかと思います。
 
ひとつの基準として
「自然界に存在するか否か」
という判断基準があります。
 
特に敏感な状態に陥っている時などは
なるべく天然成分で保湿効果のある成分を
選ぶようにすることが大切です。
 
天然成分で保湿効果のある成分は
こちら。
 
○アラビアゴム
○グリセリン
○グアーガム
 
 

【目的に合ったオールインワン化粧品選択が重要】

オールインワン化粧品のメリットとデメリットをご紹介してきましたが
やはり便利な商品である一方で
お肌へのリスクもあることは確か。

しかし
自分のお肌が何を求めているか
本当に必要な成分は何かということをしっかりと見極めて選べば
とても便利でお肌にもお財布にも優しい優秀なコスメ
それがオールインワン化粧品なのです。

例えば
美白効果のあるオールインワン化粧品といわれると
夏にはとても気になるキャッチフレーズです。

しかし、美白成分は敏感肌の人には刺激になる成分が多く
お肌が荒れ気味の人には美白成分は効きにくいものです。

それをただ美白がしたいという思いだけで
美白成分の高いオールインワン化粧品を使用しても
お肌に刺激になってしまうばかりなのです。

今自分のお肌が何を必要としているのか
今一度自分のお肌と向き合って
自分に合ったオールインワン化粧品を選んでみましょう。

 

【40・50代に人気なオールインワン化粧品はこれ!】

lotion_low

ヴァスパー ダマスクローズ ローション

ヴァスパー ダマスクローズ ローションの特徴

お水の代わりにダマスクローズウォーターを使用している
とてもリッチな美白化粧水。

使用されているダマスクローズは
イラン南部のダラブ州ライザンガン地区の標高2400m
人がほとんど立ち入らない手付かずの岩山で原生するバラのみを使用。

野生のバラですので
とても希少価値が高いダマスクローズを使用しています。

天然保湿成分のアラビアゴム、グアーガムも高配合。

肌にとって不要な成分は水を含めて一切排除。
化粧水に含まれる成分のうち植物エキスが99.7%
ダマスクローズウォーターは94%

とこれ以上ないほど贅沢な化粧水です。

 

【オールインワン化粧品の使い方のコツ】

 

1.ケチらずに使うこと

適量を塗らないと肌はより乾燥してしまいます。
まずはたっぷり塗った後で
多すぎる場合は減らしていくなど調整することが良いでしょう。

 

2.こすらないこと

肌に塗る時に力を入れ過ぎると、ダマになってしまいますし
肌に摩擦を与えて傷つけてしまいます。

優しく伸ばすことを心がけましょう。

 

3.足りない時は重ねづけ

塗った直後に物足りないかも?
と感じた時は、量が少なかったというサインなのでもう一度塗りましょう。

 

4.肌の状態や季節に合わせて使い分ける

毎日同じケアだけで済ませるのではなく
乾燥の激しい秋冬はいつもよりもたっぷり化粧水をつける
オイルを使用する
ニキビが出来た時はニキビ用のスキンケアに切り替えるなど
使い分けることが大切です。

 

5.使用方法を正しく使う

朝にオールインワン化粧品を使用した場合
ファンデーションがヨレたり
ポロポロとカスが出てしまうことがあります。

各メーカーによって
ポロポロが出ないような対策を出しているので
使用説明書をよく読んでスキンケア方法を変えてみましょう。

 

【ヴァスパーローション使い方のコツ】

配合されている成分の99.7%が植物エキスで作られている
ヴァスパーのローション
お肌にたっぷりと潤いを与えていきましょう。

lotion_low

乾燥しているお肌には
とにかく良質な水分が必要不可欠。

じっくりと時間をかけて
たっぷりとお肌に水分を補給してあげましょう。

手のひらにローションを3プッシュ出して
顔全体に優しくのせていきます。

face01

 

〈ローションは『肌に乗せる』ように〉

コットンを使ったり
パッティングしたるする必要はありません。

指先にローションをたっぷりと取り
肌の上に乗せるようになじませるのがコツです。

一度のせたローションは二度と触らないようにして下さいね。

face04

ローション
勝手に肌の中へと吸い込まれていきますので
しばし、待ちます。

肌の上のローションがある程度なくなったら

もう一度
手のひらにローションを3プッシュ出して
顔全体に乗せましょう。

face01

 

〈ローションは『厚塗り』をするのがコツ〉

暑く塗れば塗るほど
ローションは肌に吸い込まれていきます。

肌の上のローションがある程度なくなったら
更にもう3プッシュ。

同じことを3回は暗い返します。

 

〈保湿完了のサインはひんやりほっぺ〉

しっかりと保湿されたかどうかを判断するには
手の甲でほっぺたに優しく触れてみて下さい。

『ひんやり』
ほっぺたがひんやり冷たくなっていたら
保湿が完了した合図です。

まだ冷たくないようでしたら
ほっぺたが冷たくなるまで、繰り返して下さい。

 

【オールインワン化粧品選びで注意したい7つのこと まとめ】

オールインワン化粧品として一括りにせず
丁寧に各商品の特性を見極めることが大切です。

自分のお肌と
スキンケアコスメの成分の両方をしっかりと理解して
自分にピッタリの一品に出会うことが、美肌への第一歩となります。

オールインワン化粧品の利点は
特性さえ理解していれば
負担すくなくスキンケアを続けられることに尽きます。

続けることが重要なエイジングケアにおいて
頑張らないスキンケアを実現するオールインワン化粧品は強い見方なのです。

自分のお肌が本当に必要としているオールインワン化粧品を選び
生き生きとしたお肌を保ち続けましょう。

 

**************************
ヴァスパー』は皮膚トラブルや不妊等の問題を抱える
わたし自身のために開発したスキンケアです。
肌やカラダにとって不要なものを使用せず作りました。
 
生後3カ月の赤ちゃんからご使用頂くことができます。
是非一度、ご相談下さいませ。
************************
 
赤ちゃんから大人まで
ご使用頂けるスキンケア『ヴァスパー
Seiji_1yrlow
▼詳しくは、こちらからお願いします▼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓