肌も夏バテ?!夏のお疲れ肌のリセット術!

                   
**************************
『敏感肌』でお悩みの方には
肌にとって不要なものが配合されていないスキンケアが
必要不可欠です!!
 
ヴァスパー』のローション天然成分99.7%
全ての成分が食用オーガニックですので
赤ちゃんも安心してご使用いただけますよ!
 
ヴァスパー』は皮膚トラブルや不妊等の問題を抱える
わたし自身のために開発したスキンケア。
生後3カ月の赤ちゃんからご使用頂くことができます。
************************

 

 

うだるような夏の暑さに
強い紫外線
エアコンによる乾燥や温度差など

img_0

何をしているわけでもないのに疲れが蓄積し
食欲が減退する「夏バテ」。

実はその被害は
お肌にまで及んでいます!

対処しないで放っておくと
いつの間にか
シミだらけ・シワシワのおばあちゃん肌に
なっているかも。

img

夏がもたらす肌への影響と
「夏バテ肌」を回復させるスキンケア術と
おすすめのアイテムを紹介します!

 

 

【肌の夏バテ度をチェック項目でチェック!】

夏が過ぎて、ふと鏡で顔を見てみると
「あれっ、なんだか一気に老けた?」
と感じることはありませんか?

もしかしたら
肌が夏バテしているのかもしれません。

夏前の肌を取り戻すために
まずは、今の肌を見直してみましょう。

下記のチェック項目を見て下さい。

□朝、すでに肌がくすんでいる

□ランチまでに化粧がくずれてしまう

□理由なく吹き出物が出る

□洗顔後すぐに肌がつっぱる

□最近、シワの溝が濃くなった

□シミが目立つようになった

□肌のごわつきが気になる

□夏前より毛穴が目立つ

3個以上あてはまったら
あなたの肌は「夏バテ肌」の可能性大。

チェックの入った不調のサインを放っておくと
やがてくる冬の乾燥に
肌老化が加速してしまうかもしれません。

今のうちに
肌の健康を取り戻しましょう!

 

 

【肌の夏バテ度を実際に肌に触ってチェック!】

次に、「肌の夏バテ度」を実際の肌でチェック!
といきたいところですが、その前にひとつ。

 

ポイントは、このチェックをいつするか
ということ。

 

おすすめは、朝の洗顔後

朝起きてから夜にかけての時間帯は
いろいろな環境にさらされて
肌がひたすらダメージを受けているとき。

室内外問わず受けている紫外線はもちろん
肌の上にはずっとファンデーションメイクがのったまま。

それだけでも肌の負担がかかっているのに
仕事や家事で時間に追われてイライラしたり・・・
とストレスも抱えています。

 

そんな1日の肌疲れを
癒して回復するのが夜の睡眠時間

 

翌日を迎えるまでの間に
どれだけ肌を回復させる力があるかというのは
肌体力を知ることそのもの。

 

朝は
「ただでさえバタバタして、チェックなんかしている時間はない」
という人も多いでしょう。

確かに慌ただしいときに無理矢理チェックしたところで
ちゃんと自分の肌を観察できているかどうかは疑問です。

 

そこで比較的時間に余裕がある休日の朝などを使って
今の肌状態としっかり向き合ってみませんか?

自分の肌疲れを自覚することで
その対処法もおのずと見えてくるものです。

 

〈洗顔後の肌が、むずむずとかゆい〉

洗顔後の素肌が
部分的にかゆくなったり、むずむず感がある場合は
肌が渇いているサインかもしれません。

夏の紫外線や流れ出た汗の影響で
肌の水分が不足している可能性が大です。

また、いつも使っている化粧水が
ピリピリ感じる場合もあります。

見た目にわからなくても
水分不足の肌が小さくささくれ立って
刺激を感じやすくなっているのです。

 

〈化粧水が浸透しない。いつまでもベタベタ&ぬるぬるしたまま〉

同じ化粧品なのに
すぐになじんでサラリとするときと
いつまでも肌の表面に残るときとがあります。

これはターンオーバーが鈍り
古い角質がこびりついて落ちない
角質肥厚を起こしている可能性が高いです。

肌の表面に残った古い角質は
化粧水だけでなく全てのアイテムの浸透性を邪魔します。

 

〈毛穴の開きや黒ずみが目立つ〉

皮脂の分泌量が落ち着いてくる時季になって
毛穴の開きが気になる場合
真っ先に思い当たるのはたるみです。

また
肌体力の低下で
毛穴の開け締めが
上手く機能しなくなっている可能性もあります。

古い角質と皮脂がまざりあって毛穴を詰まらせ
角栓となり
それが酸化して黒ずみになっていることも。

「毛穴が目立つ」のにもいろんな要因があります。

 

〈まだ朝なのに夕方のような肌・・肌全体がくすんでいる〉

肌の水分不足で透明感を失うこともありますが
それ以上に
冷えによる血行不良やリンパの滞りによる影響も高そうです。

血行が悪くなると
必要な栄養や酸素が行き渡らなくなって
肌が栄養失調状態。

クマの原因にもなりやすく
何だか元気のない印象を与えがちです。

 

【夏疲れで+3歳!夏に肌老化が進む理由】

 

〈知らないうちにうるおい不足。これが「夏バテ肌」の大きな要因!〉

夏は、汗や皮脂の分泌が活発なので
一見肌は潤っているような気になります。

でも実は
肌内部では乾燥が進んでいることもあります。
一番の原因は、やはり紫外線

紫外線肌の乾燥をまねくほか
エラスチンやコラーゲンを破壊する作用があり
肌のハリが失われ、シワの要因にも。

夏は肌にとって本当に過酷な季節なんです。

 

〈肌のターンオーバーの乱れが、さまざまな肌トラブルをまねく〉

紫外線のほかにも夏の肌は
エアコンによる乾燥や冷え、室外・室内との気温差
冷たいものの摂りすぎ、食事のアンバランスや睡眠不足など
さまざまな要因と戦ってきたはずです。

imasia_3178851_M-005

その結果
血流が悪くなり
肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると
角質と一緒に剥がれ落ちるはずのメラニンがうまく排出されず
シミとして残ったり

皮脂分泌が活発な夏は
毛穴の開きや黒ずみの原因に。

ターンオーバーを整えるためには
保湿をはじめ
毛穴や角質ケアに重点をおいたスキンケアが重要です。

そのほか
食べ物の改善をして体の中からケアしたり
睡眠と食生活を整えることも大切です。

知らず知らずのうちに蓄積された夏の肌ダメージが
老け顔の原因に。

いち早いケアが大切ですね。

 

【「夏バテ肌」で起こる4つの症状と対策『まとめ』】

 

〈1. たるみ・毛穴の開き〉

暑さの残る秋口は
肌は疲れてたるみ、毛穴は開いて涙のしずく型に!

この時期は、肌をひんやりさせて引き締めたり
保湿効果の高い化粧水をたっぷり使って
肌にハリを持たせてみては。

さらにマッサージでリンパを流すと
むくみも取れてすっきりするはずです。

 

こんなときの対処法は・・・

その毛穴の開きが、肌のたるみによるものか
毛穴そのものが詰まっていることでの開きなのかを
まずはしっかり観察。

たるみは何かをしてすぐに効果が出る
といったものではありませんので
焦らず落ち込まずお手入れを頑張りましょう。

また、角栓取りにも焦りは禁物!
指先でむにゅっと力づくで押し出すのは、絶対にやめましょう。

 

正しい毛穴や角質ケアに重点をおいたスキンケア法に関しては
【毛穴対策】タイプ別ケア方法でさよなら!イチゴちゃん鼻!!
をご覧下さい。

 

〈2. くすみ〉

どんよりした顔色では、幸せオーラは出せません。
ターンオーバーを整えるよう努めましょう。

血流、リンパ流がよくなる顔のマッサージや
丁寧なクレンジング、洗顔などで
肌表面の余分な角質を除去すると良いですね。

化粧品の浸透が良くなって効果も得やすくなります。

 

こんなときの対処法は・・・

ターンオーバーの鈍りは
肌の疲れだけでなく
誤った日々のスキンケアが原因であることも多いのです。

拭き取り用化粧水やゴマージュ、ピーリングなどで
角質を処理する方法などを選ぶ方もいらっしゃいますが

その方法だと
肌の上の角質をその場で処理することはできますが
ターンオーバーが鈍っている根本の原因を放置したままですので
角質はますます肥厚してしまうことに。

スキンケアを見直し
ターンオーバーのサイクルを元に戻してあげれば
肌は自ら美しさを取り戻します。

ターンオーバーを回復させるのに
一番大切なのが正しいクレンジングです。

正しく落として
自ら潤う肌を目指しましょう。

 

①ポイントメイク落としはピュアなオイルで

目元、口元のが落ちにくいポイントメイクは
純度の高いオイルをコットンに含ませ

目元や口元に1分ほどのせ、メイクを浮き上がらせます。

その後
コットンで軽くぬぐいます。
くれぐれもこすらないように。

 

オススメのオイルはこちら。

oil1

ヴァスパー オイル
天然成分100%のピュアオイルです。

 

②顔全体のメイク落とし法

オススメのクレンジングはこちら。

cleansing_low

ヴァスパー クレンジング

天然成分95%配合
とてもマイルドなクレンジングです。

お水の代わりにダマスクローズウォーターを配合。
クレンジングに含まれるダマスクローズは50%

とてもリッチで
肌にはマイルドなクレンジングです。

洗い上がりはマシュマロのように
ほんわか白くやわらかい肌に洗い上げます。

それから顔全体のメイク落としに移ります。

量はけちらずに
多めかな・・という量を使用するようにしましょう。

少なめだと
摩擦によって肌をこすってしまうからです。

pixta_女性のすっぴん洗顔クレンジング

皮膚が強いTゾーンから乗せてメイクとなじませ
次に頬の部分
最後に皮膚の弱い目元、口元と移っていきます。

メイク落としは
あくまでもメイクアップ料を浮かせるのが目的ですから、
ゴシゴシこする必要はありません。

とにかく優しく、ていねいに
洗いましょう。

肌への摩擦はシミの原因になりますので
気をつけましょう。

 

メイクとなじんだら
すぐに水かぬるま湯で洗い流しましょう。

50460754a8d495d480c871b874bdadb7

流す時にも
顔をこすらないように

ヌルヌルした感触がなくなるまで
しっかりと洗い流して下さい。

タオルで拭くときにも
ゴシゴシとこすらないように
注意して下さいね。

13953952_t3

水性のジェルタイプのクレンジングの場合
ダブル洗顔は必要ありません。

 

メイクは油性なので
時間がたつうちに皮脂と混ざり合い
ほこりや雑菌が付着して酸化し、活性酸素を発生します。

老化を早めたくなければ、
メイクの必要がなくなったら
すぐに落とすことを習慣づけましょう。

また、ファンデーションを塗っていないときや、
オイルの含まれないパウダーファンデーションの場合
クレンジングの必要はありません。

 

〈3. しみ〉

紫外線ダメージで一番怖いのがシミ。
シミがあると一気に老け感が出てしまいます。

メラニンの活動を阻害するためにも
お手入れは早く始めて、継続するべきです。

でも、摩擦や刺激が原因でシミになることもあるため
やさしくお手入れすることも大切です。

 

〈4. 乾燥〉

乾燥は肌老化の大敵。
乾燥していては、肌は元気になれません。

角層が水分で満たされてこそ
見た目の透明感も、触った時のみずみずしさも得られます。

エイジングケアにも効果的なので
水分補給はしっかりと行いたいものです。

 

こんなときの対処法は・・・

保湿重視の化粧水でたっぷりと潤いを与えてあげましょう。
忙しい朝でもできるスペシャルケアです。

オススメのローションはこちら。

lotion_low

ヴァスパー ローション

天然成分99.7%配合
とてもマイルドなローションです。

お水の代わりにダマスクローズウォーターを配合。
ローションに含まれるダマスクローズは94%

抗酸化作用の強いアラビアゴムも高配合しているので
弱った肌を優しく労りながらしっかりと保湿してくれます。

 

使い方はとっても簡単!
コットンを使ったり
パッティングしたるする必要はありません。

まずは
手のひらにローションを3プッシュ出して
顔全体に乗せます。

20120406111040b65
(手のひらに出す量はたっぷりと)

指先にローションをたっぷりと取り
肌の上に乗せるようになじませるのがコツです。

一度のせたローション
二度と触らないようにしましょう。

ローション
勝手に肌の中へと吸い込まれていきますので
しばし、待ちます。

creansing
(待っている間も↑こんな風に
触らないようにして下さいね。)

肌の上のローションがある程度なくなったら

もう一度
手のひらにローションを3プッシュ出して
顔全体に乗せましょう。

 

ローションは『厚塗り』をするのがコツ

暑く塗れば塗るほど
ローションは肌に吸い込まれていきます。

肌の上のローションがある程度なくなったら
更にもう3プッシュ。

同じことを3回は繰り返しましょう。

ケアした翌朝の肌は
ほんわか白くぷるっぷるの弾力ある肌に。

朝ケアした場合は
日中のメイク崩れがなくなります。

 

今までに経験したことがない
天然成分だからこそできる保湿力を
是非、ご体験下さい。

 

血行不良が原因のくすみ対策なら
蒸しタオルで顔全体の血行アップを。

可能ならば
湯船に浸かって身体全体の血行を高めたり
リンパの流れを高めるマッサージなども取り入れてみてください。

 

 

【ターンオーバーを促す食材を知ろう】

夏バテ肌を回復させるには
外側からのスキンケアも大切ですが
より重要なのは正しい食生活を送ること。

いい加減な食生活でキレイな肌を保つことはできません。

ターンオーバーを正常化するための
つまり細胞分裂が活発になるための必要な栄養素を
十分に摂ってあげることが重要です。

具体的に
夏バテ肌に効く栄養素が多く含まれる食材を
ご紹介しましょう。

 

■ビタミンA

肌のハリや潤い
弾力を保つ働きをする栄養素のひとつです。

鶏や豚のレバー、かぼちゃ、ニンジンなどの緑黄色野菜、うなぎ、赤唐辛子など

 

■ビタミンB群

ニキビや肌荒れを防ぎ
皮膚や粘膜の発育を促します。

豚肉やレバー、大豆、卵、乳製品や豆類、まぐろ、かつおなどの魚介類など

 

■ビタミンC

メラニン色素を抑制・分解することで
シミを予防・改善。
肌の老化を防ぐ抗酸化作用があり
コラーゲンの生成に関与しています。

キャベツにブロッコリー、さつまいも、れんこん、ほうれん草、白菜などの野菜類に、いちごやみかん、キウイ、アセロラなどの果物類など

 

■ビタミンE

保湿効果があり
しっとり肌に導きます。
シミやシワの予防や、血行を促進する働きも。

ごま油やアーモンド、ピーナッツなどのナッツ類、アボカド、うなぎ、かぼちゃなど

 

■亜鉛

細胞の生成を促し
ニキビや肌荒れを防ぎます。
爪や毛髪の美しさをキープするのにも役立ちます。

ゴマや牡蠣、蟹等の魚介類、牛肉など

 

■セラミド

肌の水分を保持し
肌を化学物質などの外敵から守る働きをします。
乾燥が気になる場合は積極的に摂りましょう。

こんにゃく、しらたき、黒豆、わかめ、ひじき、ごぼうなど

 

 

【野菜も「自然な野菜」を選んで食べるようにしましょう】

コスメと同様野菜

できるだけ身体に良いものを取り入れた方が
より美白への近道となります。

栽培地や土の状態や栽培法
野菜が持つパワーは大きく異なります

肌を改善させるために食べるのであれば

無農薬、無肥料で育てられた
良質な野菜を選ぶことをオススメします。

自然栽培のお野菜だと安心なのではないでしょうか?

s-DSC_0403

 

自然栽培とは
肥料や農薬を一切使わず
土のチカラと種子のたくましさだけで育てる
栽培法のこと。

tane

自然栽培で育てられた野菜には
生命力が宿っています。

生命力溢れる野菜は
食べるほどに元気になります。

ヴァスパーのお野菜
タネ(固定種、FI種)

栽培方法
虫、草・・など

なるべく自然に近い方法で
栽培をしている農家さんから
野菜を仕入れています。

店長が直接
農地へとお邪魔して

IMG_3187

農場を拝見し
農家の方とお話をさせていただいた上で
野菜を仕入れています。

IMG_3189

 

関西よりも西の方面の地方で
農薬や化学肥料を使わずに栽培された野菜。

栄養価が高く、安心で安全な野菜。
味が濃くて、美味しい野菜です。

 

オススメのお野菜ははこちら。

京都育ちの自然栽培のお野菜
ヴァスパー
http://versuper.com/

 

 

**************************
ヴァスパー』は皮膚トラブルや不妊等の問題を抱える
わたし自身のために開発したスキンケアです。
肌やカラダにとって不要なものを使用せず作りました。
 
生後3カ月の赤ちゃんからご使用頂くことができます。
是非一度、ご相談下さいませ。
************************
 
赤ちゃんから大人まで
ご使用頂けるスキンケア『ヴァスパー
Seiji_1yrlow
▼詳しくは、こちらからお願いします▼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓