【昨日は地鎮祭でした!@京丹波町】

                   
東京から京都の田舎町 
京丹波町に引っ越してきたのは
去年の6月のこと。
 
 
それからというもの
長い時間をかけて
 
新築の家を建てるための土地を
探してきました。
 
理想の土地は
なかなか見つけることができませんでしたが
 
去年の年末に
ようやく、想い描いていた土地に
出会うことができました。
 
 
そして昨日は
 
その
新しい土地の地鎮祭でした。
 
IMG_1014
 
地鎮祭とは・・
 
土木工事や建物を建てる際に
工事の無事や安全と
建物や家の繁栄を祈るために行う
 
儀式・・なんですって。
 
 
工事の着工にあたり
神職をお招きして神様にお供え物をし
祝詞をあげ、お祓いをして浄め
最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を
 
その工事に関わる全員でお祈りするんですって!
 
 
これからこの土地に
新築の家を建てること
古民家を改修して民泊を始めることなどのご報告
 
そして
工事の無事を願い
地鎮祭を行って頂きましたよ☆
 
 
まずは
皆さんにご協力頂いて設営です。
 
IMG_1016
 
昨日は真夏日だったので
設営されたテントの下
 
日陰の中にいても
 
滝のような汗が、流れます。
 
 
 
 
本日の進行表。
 
IMG_1022 
 
 
神様へのお供え物。
 
IMG_1023
 
 
盛り砂。
 
IMG_9969 
 
バケツ3杯〜程度を
祭壇の右手前に円錐形に山盛りにします。
 
 
「鎌」(かま)、「鋤」(すき)、「鍬」(くわ)。
 
IMG_9475 
 
初めて
鋤(すき)や鍬(くわ)を入れる
穿初(うがちぞめ)、刈初(かりぞめ)
という儀式に使うそうです。
 
 
モロモロ・・
準備が完了しました。
 
 
IMG_1024
 
神主さんの進行のモト
地鎮祭が執り行われて行きます。
 
IMG_1027
 
写真は
『散供』の様子。
 
 
IMG_1029
 
神主さん、施主(夫)と施工会社とで
行います。
 
IMG_1034
 
次に
『穿初の儀』。
 
まずは
 
その土地で初めて草を刈る
「刈初(かりぞめ)」の儀。
 
IMG_1035
 
設計会社さんが行います。
 
 
次に
初めて土をおこす
「穿初(うがちぞめ)」の儀式。
 
IMG_1038
 
施工主(夫)が行います。
 
 
初めて土をならす
「土均(つちならし)」は
設計者が行います。
 
(写真、獲り忘れ・・)
 
 
 
 
最後に神主さんが鎮め物を納めます。
 
IMG_1039
before
 
IMG_0111
after
 
 
「鎮め物」は
一旦、施工業者に預かってもらい
 
家を建てる土地の地中に
埋めてもらうんですって。
 
神棚の位置が決まっていれば
その下に
 
神棚を置かない場合は
建物の中心になる場所の地面に埋めるんですってよ☆
 
 
 
こんな感じで
無事に地鎮祭も終了しました。
 
いよいよ
おうちが建ちますよーーー*\(^o^)/* 
 
IMG_4019
 
**************************
皮膚トラブルや不妊等の問題を抱える
わたし自身のため開発したスキンケアです。

肌やカラダにとって不要なものを
可能な限り排除。

野生のダマスクローズやアラビアゴムなど
希少性の高い植物エキスだけで
作られた唯一無二のスキンケアです。

*生後3カ月の赤ちゃんから使用可能。

************************
 
赤ちゃんから大人まで
ご使用頂けるスキンケア『ヴァスパー
Seiji_1yrlow
▼詳しくは、こちらからお願いします▼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。